東京藝術大学:奇人・変人が集う芸術の最高学府

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常




タイトル 「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」
二宮 敦人 (著)
新潮社



日本の最高学府と言われている大学、東京大学。


しかし東京大学よりも高い入試倍率を誇り、我々の住む場所からかけはなれた藝術をつかさどる大学、東京藝術大学。


この本はそんな藝大に集うブッ飛んだ学生を追った一種のルポです。


受験勉強のために肩を壊す受験生、油絵の入試がハンター試験と呼ばれる訳、音校か美校かで劇的に変わる学生の生態系などなど。


普通の大学では考えられない「なんでもあり」が許される藝大だからこそ許される(そして生きていける)学生およびその教授陣の抱腹絶倒エピソードがこれでもかと載せられた一冊です。
しかし、一見すると奇妙に見えるこの本のブッ飛び奇譚が、ともすると芸術を追及するために本人は大真面目にやっているという風に解釈できてしまい、納得してしまう自分がいるのも面白いです。


「卒業生の半分くらいが音信不通になる…」


なかには生活に困窮しすぎて、こうなってしまった者もいるのかもしれませんが、大方は俗を半分捨てた状態で自身の作品に打ち込んでいるという意味ではないでしょうか。本文に載せられたこの一文が、藝大生の本質をつかんでいると個人的に思います。


また同時に、芸術家には芸術家独自の悩みを持っているという事がこの本を通じてはじめて実感しました。


コンサートを開催するにあたって必要な経費の捻出、指を痛めないために洗濯などの家事をしたことがないピアノ奏者の学生、そしてなにより卒業後に本当に芸術家としてやぅていけるのかという漠然とした、そして消えることのない不安。


「何年かに一人、天才が出ればいい。他の人はその天才の礎」


と、学長に言われたとのこと。


まるで「食戟のソーマ」に出て来る学園長や、「宇宙兄弟」に登場するJAXAの所長のスピーチみたいです。


しかし芸術に限らず、何かの頂点を目指すという事はそれ相応のリスクが求められることです。


そういった面も考えながらこの本を読んだら、自身が関わっている仕事や分野に少しでもイイ刺激として残るのではないでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる