進撃の巨人の「アレ英語でなんて言うの?」

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]




「あの名言、英語ではどんな感じに訳されてんの?」


「あのアニメの用語、英語でなんて言うの?」


こういった素朴な疑問を解決するために、アニメの用語集(英語)という新しいカテゴリーを設けて紹介することとしました。


第一回目の今回は、マンガでもアニメでも爆発的人気を誇る「進撃の巨人」を取り上げます。


「進撃の巨人」を英語吹き替えで観るにあたり、コレを抑えないと話が分からないだろうなというのを兵団巨人に分けて紹介していきます。


また、ボクが運営する他のブログでもオーバーロードの「アレ英語で何て言うの?」という記事を書きましたので、ぜひ遊びに来てください。


最後にオマケもありますので見てください。



①兵団


998e7473-s.jpg
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会



兵団を見ていくにあたり、まずはRegimentという単語を抑える必要があります。Regimentとは英語で「連隊」という意味があり、「厳しく組織化する」という動詞にもなります。


各兵団の名称の最後にはこのregimentが付きますが、wikipediaを確認してみるとcorpsやbrigadeという単語が使われていますが、今回は英語吹き替えを優先します。



・調査兵団 "The Scout Regiment"(スカウト レジメント)



調査兵団が"The Scout Regiment"と訳されたと知ったとき私は「あぁなるほど」と思いました。Scoutは我々日本人からしてみれば、「野球選手をスカウトする」という風に使われますが、scoutは本来「偵察する」という意味で相手のステータスを見出すというニュアンスが含まれています。


ドラゴンボールで使用される「スカウター」というネーミングもそこから来ています。


ちなみにwikipediaでは The survey corpsとなっていました。



・駐屯兵団 "The Garrison Regiment" (ギャリソン レジメント)



Garrisonは「守護隊」や「駐屯」、「要塞」という意味です。フランス語のgarnisonが由来らしく、これ自体は「装備する」という動詞の様です。


ちなみに執事を意味するギャルソンはGarconと書き、同じくフランス語が由来ですが、おそらく別モノです。



・憲兵団 "The Military Police Regiment"
(ミリタリー ポリス レジメント)




治安意地を主な任務とする軍隊なのでMIlitary Policeと呼ばれ、アメリカではMPと略されて呼ばれます、実際にアニメの中でもMP Regimentと略されているので、初めて聞いたら分からない可能性がありますので注意が必要です。



・立体起動装置 (Omni-Dimentional Maneuver Gear)
(オムニ ディメンショナル マニューバー ギア)



略して ODM Gear です。


対巨人用の装備です。Omni は「全~」や「総~」という意味で、Maneuverは「操作する」や「上手く立ち回る」という意味がありますのでしっくりくる訳です。


あえて日本語で訳すならば「全方向性操作装置」といったところでしょう。




②巨人



43d41f67.jpg
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会




英語版では巨人をGiantではなくTitanと訳されています。一部のサイトではタイトルがGiantではなくTitanとされた経緯に居ついて考察されていますが、ここではあまり深追いはせず先に進みます(笑)



・奇行種 "Abnormal" (アブノーマル)



英語吹き替え版では奇行種はAdnormalと訳されています。


アブノーマルは日本語でもたまに使われている比較的なじみのある英単語ですが、「奇行種」という語が持つ独特の不気味さがイマイチ伝わって来ない感じがして、ちょっと残念な気がします。




・巨人化 "Titan-shifting Ability"
(タイタン シフティング アビリティ) 



これはwikipediaに載っていた訳ですが、英語吹き替え版では単純に"Transforming"と呼ばれています。合理的ではありますが、ちょっと実用面に走りすぎているような気がしますね。


ここはひとつ冒険に走ってみて、Titanに動詞の接尾語をつけてTitanize(タイタナイズ)みたいにしてみてもいいんじゃないかなと思ってみたりします。




・鎧の巨人 "Armored Titan" (アーマード タイタン)



鎧だからArmoredにするのはまぁ妥当な訳だと思います。


デジモンに登場するアーマードドラゴンを思い出します。




・超大型巨人 "Colossal Titan" (コロッサル タイタン)



エーゲ海南東部のロドス島に建造された、太陽神ヘーリオスをかたどった彫像「コロッソス」が由来のようです。Colossalは「とてつもない」「驚くべき」という意味です。


この像の全長は台座を含めると50メートルあり、くしくも超大型巨人とほぼ同じ体長です。


ちなみにダイオウイカはGiant Squid、ダイオウホウズキイカはColossal Squidと呼びます。




・女型巨人 "Female Titan" (フィーメイル タイタン)



鎧の巨人と超大型巨人につづき突如として現れた女性の外見をした巨人、通称女型巨人は英語でFemale Titanと呼ばれます。これもまぁ妥当といえども、もうちょっとカッコいい言い方はなかったのかなと個人的に思いました。


オリジナル版の「女型巨人」の「めがた」という音に共通する何かカッコいい感じが欲しいところです。



おまけ: 「進撃の巨人」と言えばあのセリフだよね集


thumbnail.jpg
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会




知らなくても話を理解する分には問題ありませんが、個人的に「コレは英語でどういう風に訳されているんだろう」と思った名言判定されたフレーズを取り上げます。



「その日、人類は思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を…。鳥籠の中に囚われていた屈辱を…」

"At that terrible moment, in our harts, we knew home was a pen. Humanity, cattle"



第一話のしょっぱなから出て来る超大型巨人とセットで流れる名ゼリフです。


メチャ大事な場面なのになぜかフレーズの中に"A pen"が出てきて「ハァ?」ってなったのは私だけではないと思いますが、じつはPenは檻という意味で使われることもあるのです。


「いやいや普通にcageでいいじゃん」と思う方もいらっしゃると思いますが、このHumanity, cattle(人類は家畜)という語を頭に入れるとpenは妥当なのです。


なぜなら、penもcageも同じ檻ですが、penは家畜用の檻として使われるからです。


ですのでよくa pig pen (豚の檻)やbull pen(牛の囲い場)と言います。


ちなみに野球選手がウォームアップする場所を「ブルペン」と言いますが、あれも同じスペルです。



「この腰抜けどもめ!いいから黙ってオレに投資しろ!」

"You're all cowards! Just shup up and put all your faith on me!"


エレンが巨人化できるとバレたのちに行われた裁判で、エレンがキレて放った一言です。日本語では投資しろとなっていますが、英語では「オレに運命を託せ」というニュアンスの訳になっていますね。Investが英語で「投資する」ですが、これは株とかビジネス面で使われるので、直訳するのを避けたのでしょう。


字幕では"Bet everything you have on me!"と書かれており、日本語に訳すと「お前の持っている物すべてをオレに賭けろ!」となります。こちらの方がオリジナルにより忠実な気がしますね。



上記の項目をもってすれば「進撃の巨人」を英語吹き替えで見る分には全く問題なく(?)観ることができると思います。


それにしても、あの獣の巨人は何者なんでしょうね。


気になって思わず原作を買ってしまいそうな衝動に駆られます。




MASTER STARS PIECE THE LEVI (リヴァイ 高さ20cm+立体機動装置 高さ18cm ver.MSP 全2種フルコンプセット) 進撃の巨人 フィギュア
MASTER STARS PIECE THE LEVI (リヴァイ 高さ20cm+立体機動装置 高さ18cm ver.MSP 全2種フルコンプセット) 進撃の巨人 フィギュア
バンプレスト
売り上げランキング : 9503


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント