「左遷」のこれまでと、これからの「左遷」

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)




タイトル 「左遷論」

楠木 新 (著)
中公新書


この本は、日本の左遷というものがどうやって形成され、どういった形で私たちの周りに現れ、同時にこれからの左遷の形、そして左遷される側がどうやって向かい合っていくかをインタビューと共にまとめた一冊です。


テレビドラマでブームになった「半沢直樹」の物語の一端を担っている左遷というシステムが、実際にリアルで起こるのかという事に関心があったためこの本を購入したわけですが、どうも私が思っているものとは少し違うようです。
たしかに人間関係や成績不振でこれまでとは無縁だった部署や関連会社に出向くことを命じられたりすることはあるみたいです。


しかし、日本の一括採用制度にはじまり、40歳ごろになりある程度評価が固まるまで色々な部署に配属され経験を積増される過程で花形の部門から日の当たらない部門、あるいは同期よりも冴えない部署に配属されたことに左遷されたと誤解するという事もあるようです。


40歳50歳になって成績不振で閑職に配属されるのはともかく、20代30代の場合は人事を経験した元大手の社員によると、それは現場経験の一貫であり、いったん同期よりも役職に就任する時期が遅れたとしても実際は後でカバーされることも多いらしいです。


私は外資系に勤務しており、左遷はおろか一定の役職に就くまでは自ら立候補しないと昇進も転勤もない社内公募制が導入されていて、やる気のある人はどんどん出世します。

逆にそこまでエネルギーの無い人は退職するまで同じ部署で同じ年収です。ウチの会社は定年もないので下手したら死ぬまでヒラという事もあり得ます。


じゃあ立候補したら昇進は確実なのか、外資系だけに海外での出張や長期滞在は無ないのか言われれば一概にそう言うわけでもありません。


これはこれでツラい部分があることも事実ですが、しかし人事の力が強制力を持つ日本企業と比べて、自身の人生の主導権を完全に握られてないだけまだマシなのかなとも思います。


私の会社が例外なのかと思ったら、筆者も外資系について言及しており、やはり外資系にとって転勤は本人の自発性が優先され、断ったとしてもその後の出世には影響しないそうです。


しかし最近の日系企業で働く社員は、左遷されたことで出世街道をはずれ、定年までの期間を消化試合と割り切るという考えは昔よりも弱まり、現在はむしろ左遷されたことをいい機会と捉え、新しいことに挑戦しようという前向きな考えを持つ事が多くなっているようです。


自分の趣味を利用してそれを仕事にしたり、これまでの仕事習得したスキルをを新しい場所で有効活用することに成功し、独立、起業するなどの体験談が豊富に登場します。


上記の人たちに共通していることとして挙げられるのは、「多様な自分」を見つけ出したという事です。会社に縛られ、自分から会社をのぞいたら何もなくなるということではなく、趣味でもなんでも自分の存在意義を感じる何かを多数持っていることで、左遷されたとしてもそこで試合終了ではなく、むしろ新しい章の始まりとして捉えるということが大事だと筆者は言及しています。


心の余裕が大事なんですかね。つまりは。
スポンサーサイト



テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる