モブサイコ100: 霊幻はモブに何を頼んだのか?


「モブサイコ100」というタイトルはゴロが良くて、よく思いついたなと思います。


さて、モブサイコ100の第一話でインチキ霊能力者、霊幻新隆に仕事が舞い込み、依頼人の案件に霊が関わっていると知ると、主人公のモブこと影山茂夫に電話をかけて除霊を頼みました。


電話での第一声、英語吹き替えの霊幻は、


"Hey Mob, sorry do you think you can swing by?"


…と、モブ君に質問しました。

3b78778a.jpg
Copyright: ONE・小学館/「モブサイコ100」製作委員会



Swing byって、なんだろう?


スイングと聞くと、野球のスイングをイメージしますが、どうも違うようです。


日本語の霊幻を聞いてみると、


「あ、モブ、すぐ来てくれるか?」


…と、質問しています。


英次郎on the webを引いてみると、以下の意味でした。


Swing by: 〔目的地に行く途中で〕~に立ち寄る、~に寄り道をする


目的地に立ち寄らせる、ということはこれを頭にいれて英語吹き替えを訳してみると、


「モブ、寄り道できると思う?」


という意味になります。


なぜかswingが入っていて一瞬あせりましたが、こうやって見てみるとオリジナルとほとんど変わらないことが分かりますね。


じつはこのswing byというフレーズは、「モブサイコ100」の第1話だけでなく「小林さんちのメイドラゴン」の第6話でも発見されました。


小林さんの家にケツァル・コアトルさんが遊びに行ったとき、彼女が居候している家の住人である真ヶ土 翔太を紹介しようと考えたとき小林さんに、


"Hey, do you maybe wanna swing by and see it?"


と聞きました。


Swing byは寄り道をするという意味でこのフレーズを聞くと


「ねぇ、寄り道して見てみたくない?」


という意味になります。


実際にオリジナルを聞いてみると、


「どう?コレから遊びに来ない?」


と言っています。


d57d1600.jpg
©クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会



でもなんでswing byなのかと私なりに調べてみたところ、「スイングバイ」という宇宙船の軌道を変える技術があるようです。


スイングバイ(英: swing-by)とは、天体の万有引力を利用して宇宙機の運動方向を変更する技術。




ひょっとしたら目的地に向かわせるものを天体に見立て、寄り道する人を宇宙船に例えて、こう言っているのかもしれませんね。


ほかにもCome byやdrop byが「寄り道をする」という意味になるようです。






モブサイコ100 1 (裏少年サンデーコミックス)モブサイコ100 1 (裏少年サンデーコミックス)
ONE

モブサイコ100 2 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 3 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 4 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 5 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 6 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 7 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 8 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 10 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 9 (裏少年サンデーコミックス) モブサイコ100 11 (裏少年サンデーコミックス)

by G-Tools

スポンサーサイト



テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる