ハンター×ハンター: SomethingとThatの奥深さ

英語には、文章で同じ単語を何度も使わないように、"That"や"Something"といった代名詞をつかう時があります。


日本語でも「あれ」や「これ」といった語がありますが、それとほとんど同じだと思います。


しかし、英語の代名詞は「あれ」や「これ」といった意味合い以上に、関係代名詞とも結びついている部分があり、日本語における代名詞よりも使う頻度や重要度が高いのではないかと個人的には思います。


そんな英語の代名詞ですが、じつはthatやsomethingといった語をつかって褒め言葉や同意の意味を伝えることができます。


たとえばHunter × Hunterの47話において、ウボォーギンが煙に紛れてクラピカの腕をへし折った際に、


"But I'm impressed. You are quick to react, I 'll give you that"


と言いました。





PDVD_147.jpg 
©POT(冨樫義博)1998年-2011年 ©VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス



続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「留学すれば英語が話せるようになる」を考え直させる一冊

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)



タイトル 「留学で人生を棒に振る日本人」

栄陽子(著)
扶桑社


「留学すれば英語力が上がる」


「自身を英語漬けにできる環境を作るには留学が一番」


私たちが持っている留学のイメージはこんな感じではないでしょうか?


もちろん留学することにより、机上で学ぶ英語では習得できないスピーキングや実践的な英語を学ぶことができることは言うまでもありません。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

「生物ピラミッド」という概念を揺るがしにかかる植物本

植物は<知性>をもっている 20の感覚で思考する生命システム




タイトル 「植物は知性を持っている」

ステファノ・マングーソ+アレッサンドラ・ヴィオラ (著)
久保耕司 (訳)
NHK出版


ここ数百年における目覚ましい植物研究によって新たな事実が次々と発見されています。


その衝撃的な発見によってこの本の著者はある結論に達しました。それがこの本のタイトルにもなっている「植物は知性を持っている」ということです。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

行き着くとこまで行き着いた男が言う「じゃあ辞めればいいじゃない」の重み

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)



タイトル 「好きなことだけで生きていく」

堀江貴文(著)
ポプラ新書


以前の「働かないことを提案する三冊」の記事」で紹介した「99%の会社はいらない」に続き、ホリエモンは新しい本をこの一ヶ月ほどで二冊出版し、その一冊がこの本です。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ラッパ飲みと富士の樹海から見る"Straight from ~"

51RRFRzwtyL.jpg



読書感想ばっかり書いて、肝心の英語フレーズはしばらく休憩していたくりーぴーホワイトです


今回はブログの主旨に沿って、しっかりと英語フレーズを紹介していきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

ゾウの耳が大きいのは聴力向上のためなのか?

ゾウの耳はなぜ大きい?―「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性




タイトル 「ゾウの耳はなぜ大きいのか?」

クリス・レイヴァース (著)
斉藤隆央 (訳)
早川書房


この本は、だれもが一度は疑問に思ったことがありそうな生物に関する疑問について生理学、進化論、バイオメカニズム、生態学を縦横無尽に駆け回りながら真実に迫っていく一冊です。


タイトルにもあるように、なぜゾウの耳が大きいのかということを検証してゆくのですが、潔いことにこの問題は比較的序盤で解決を見ることになります(笑)


続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

金メダルへの道は努力か、遺伝子か?

スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?──アスリートの科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)



タイトル 「スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?」
デイヴィッド・エプスタイン (著)
川又政治 (訳)
ハヤカワ・ノンフィクション文庫


「将来はオリンピック選手になりたい」や「プロ野球選手になりたい」といった想いは誰もが持ったことのある夢ではないでしょうか。


同時にスポーツにのめり込んで、大会に出たりして周りと自分の実力を比べる機会が増えると、「自分は本当にこの競技に向いているのだろうか」という考えも頭をよぎるのではないでしょうか。


この本はそんな誰もが持ったことのある、しかし誰も確たる結論にまでは至っていない難題に挑んだ一冊です。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

私が「英語の早期教育は危険」だと思う理由

1c70a893-2a5a-4d2a-9fed-b151792ac0e4.jpg



タイトルにもあるように、個人的見解としては小学校低学年での英語学習は悪影響の方が大きいと思います。


下記の理由で世間一般で認識されている「英語至上主義」というものは、実はそれほどのものではないという自論にもとづき、そしてそんな英語のために幼少期の大事な時期を英語に費やしてしまう事に危険を感じます。


私の知らないところで下記の問題が解決されるような政策がとれているのなら、私は幼少期の英語教育に賛成してもいいかなと思います。



続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

マリー・アントワネット: 国を動かす「流行そのもの」

マリー・アントワネット ファッションで世界を変えた女




タイトル 「マリー・アントワネット ファッションで世界を変えた女」
石井美樹子
河出書房新社


「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」というセリフで有名なフランス王妃、マリー・アントワネット。


政略結婚の面が強い当時の婚姻事情の例に漏れることなく、オーストラリアのやんごとなき家柄の主であるマリア・テレジアの娘であるマリーは、フランスのルイ・オーギュスト(ルイ16世)の嫁として差し出されました。


当時どこの国でも共通していた認識の一つとして挙げられるのが「王妃は王の子供を産んで、後世へ血を残さなければならない」という事でした。実際にマリア・テレジアはマリー・アントワネットへの手紙に「すべて(両国の安寧のこと)はあなたにかかっているのです」と記されていたそうです。


子供を産むか否かで国レベルで影響する力を持っていたマリー・アントワネットですが、王妃として彼女は他の分野に関しても多大なる影響を及ぼしていました。


それが社交界、特にファッションの分野です。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

肺の解説書であり家庭の医学書的なヤツ

肺の話 (岩波新書)



タイトル 「肺の話」
木田厚端
岩波新書


1997年に出版された本書は、肺に関する解説を交えながら、そこから発生する疾患を紹介していく一冊です。今からおよそ20年前に出版された新書ですが、基本的な項目がしっかり取り上げられていて、あまり時代を感じさせない良書だと思います。

続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

サボテン狂である小説家が綴った多肉愛

シャボテン幻想 (ちくま学芸文庫)



タイトル 「シャボテン幻想」
龍膽寺 雄 (著)
ちくま学芸文庫



小説家でありサボテン研究家である龍膽寺氏のサボテンコレクションのカラー写真から始まるシャボテン愛あふれるサボテンエッセイ。


サボテン研究家として数冊の関連書籍を世に出しているだけに、その知識は豊富であり初心者にも理解しやすく記述され、サボテンに関してはズブのド素人である私でも「へぇ奥深いな」と言わしめる分かりやすい解説書の面を持っています。


例えば歴史面で印象に残ったのは、サボテンに含まれている麻薬的な成分を古代アステカや古代マヤの人々は儀式に活用されたことです。宗教儀式や生贄に捧げられる人に服用させることで痛みを和らげ、その間に生きたまま心臓を取り出すのだとか。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

コストコの一日招待券を使わず、会員登録した方がトクな4つの理由

75000000000000008959_0000001496_2.jpg





ゴールデンウィークだから、家に届いたOne day passという一日ご招待券を使ってコストコに行こうとしたんです。


コストコとは会員制の量販店で、本拠地はアメリカのシアトルにあるらしく、年会費を払うことで店内に入れるアッパーミドル層をターゲットにしたお店です。


年会費を払うのイヤだったから行かなかったんですが、ワンデーパスもらったんで試しに行こうとしたんです。


しかし、一日招待券に記載されているある項目に気づき、実際にお店に赴いてお店の人にウラを取り、どうもこれはワンデーパスを使うより会員登録した方が得かもしれないと思い至ったので、ためしに会員になってみることにしました。


「店員に言いくるめられたな」と言われればそれまでですが、でも相手のいうとおりこっち側にはメリットしかないと思ったんで、今回GWスペシャルということで紹介しようと思います(笑)

続きを読む

テーマ : 激安・お得・最安値情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる