シモ・ヘイへ:冬戦争に出現した「白い死神」

白い死神 (アルファポリス文庫)



タイトル 「白い死神」
ペトリ サルヤネン (著)
古市 真由美 (訳)
アルファポリス


第二次世界大戦において、ロシアとフィンランドの間で勃発したいわゆる「冬戦争」でロシアの前に立ちはだかった一人の兵士がいました。


その兵士こそ本書の主人公であるシモ・ヘイへ(シモ・ハユハ)であり、白い死神と恐れられたスナイパーです。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ハトの「あの謎」を暴いたA級ニッチ本

岩波科学ライブラリー ハトはなぜ首を振って歩くのか





タイトル 「ハトはなぜ首を振って歩くのか」
藤田祐樹 (著)
岩波科学ライブラリー



この本は、何気ない疑問に思った事を調べた著者が書いた「なぜハト(だけでなく多くの鳥)が首を振りながら歩くのか」という事に迫った書です。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ニコニコ民を震撼させたコンピューター将棋VS永世棋聖の全貌

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る





タイトル 「われ敗れたり」
米長邦雄 (著)
中央公論新社


史上最年少14歳でプロ棋士になった藤井聡太四段。プロになってから連続14勝し、加藤一二三や羽生善治を下した実績、および対局内容は快挙としか言いようがありません


そんな興奮さめやまぬ現在の将棋界ですが、実は2012年にも似たようなセンセーションが巻き起こりました。


2012年にニコニコ動画で米長永世棋聖とポンピューター将棋「ボンクラーズ」の対局です。


この対戦を観戦するためにニコニコ生放送の有料会員の視聴者は34万人を超えて、無料会員を含めると100万人が視聴していたそうです。


私も生で見た訳ではありませんでしたが、この対決は相当話題を呼んだことを記憶しており、テレビでもいくつかのドキュメンタリー番組が放送されていたのを覚えています。


続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

ナショナリズム:トランプやヨーロッパ極右政党の原動力

ナショナリズム入門 (講談社現代新書)




タイトル 「ナショナリズム入門」
上村和秀 (著)
岩波現代新書



トランプ大統領がヒラリー・クリントンを破ってアメリカ大統領になったことは我々に衝撃をもたらしました。


しかし事はそれだけにとどまりませんでした。異議るのEU離脱、オランダ、フランス、デンマークなどヨーロッパの極右政党がトランプ大統領の影響で躍進しています。


この本は、こういった極右に属する人物たちが内に秘めているナショナリズム的な考えを初歩から学ぶために書かれた一冊です。


ナショナリズムを学ぶにあたり、まずは「ネイション」と言うものを遅疑する必要があります。しかしこのネイションと言うものを現在は包括的に定義できません。それぞれの国の文化や地理的条件により考え方が違うからです。


とはいえ、それを言ってしまえば永遠に議論が進まないので、有名な学者の定義をコンプライアンスとして用いているのが実際のところです。その一人がドイツの歴史学者であったフリードリヒ・マイネッケです。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

声に出して読むことで脳に与える影響とは?

脳と音読 (講談社現代新書)

タイトル 「脳と音読」
川島 隆太 (著)
安達 忠夫 (著)
岩波現代新書



人類が声を出さずに書物を読むようになったのは、ほんの最近のことで、それまでは声に出して読むという事が普通だったそうな…。


この本は二人の著者から作られた、音読と黙読をすることにより脳に与える影響を教育学と脳科学の観点から迫った一冊です。


もともと英語を勉強するにあたり、「どうすれば効果的に英語を話す訓練ができるか」という事を思案していた時に見つけた新書で、音読というキーワードにピンときた次第です。


続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

英語至上主義の日本教育に「これでいいのか」を突き付ける本

英語の害毒(新潮新書)



タイトル 「英語の害毒」
永井忠孝 (著)
中公新書



このブログはアニメを英語の吹き替えで観て、英語を勉強するというのがコンセプトの一つです。


ブログの他にも本屋さんをのぞいてみると、TOEICの参考書が平積みされて売れ行きも上々で、小学校低学年から英語を学ばせようという早期教育を政府は提言し、着々と進んでいます。


しかし、この本はそういった英語推進ムーブメントを英語圏の侵略と言ったニュアンスを含ませ、日本人が英語を習得しようとすることがいかに不利な事であり、対して英語圏に経済的な恩恵を与えているかを説いた一冊です。


続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

アウンサンスーチー: ビルマを民主化に導いた「将軍」の娘

アウンサンスーチーのビルマ――民主化と国民和解への道 (岩波現代全書)


タイトル 「アウンサンスーチーのビルマ」
根本 敬(著)
岩波現代全書



NLDのトップとして、そして現在は国家顧問として実質的なミャンマーのトッとして活動しているアウンサンスーチーに関する本です。


「独立の父」としてビルマで英雄視されたボウジョウ(将軍)アウンサンの娘であるアウンサンスーチーの生い立ちと、彼女が軍事政権を打倒するに至った彼女の活動と思想が詳細に書かれています。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

進撃の巨人の「アレ英語でなんて言うの?」

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]




「あの名言、英語ではどんな感じに訳されてんの?」


「あのアニメの用語、英語でなんて言うの?」


こういった素朴な疑問を解決するために、アニメの用語集(英語)という新しいカテゴリーを設けて紹介することとしました。


第一回目の今回は、マンガでもアニメでも爆発的人気を誇る「進撃の巨人」を取り上げます。


「進撃の巨人」を英語吹き替えで観るにあたり、コレを抑えないと話が分からないだろうなというのを兵団巨人に分けて紹介していきます。


また、ボクが運営する他のブログでもオーバーロードの「アレ英語で何て言うの?」という記事を書きましたので、ぜひ遊びに来てください。


最後にオマケもありますので見てください。



続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

パレードの法則:原因の20%が結果の80%を形作る法則

新装版 楽して幸福を手に入れる 80対20の法則 生活実践編




タイトル 「新装版 楽して幸福を手に入れる80対20の法則」

リチャードコッチ(著)
高遠裕子(訳)
阪急コミュニケーションズ



リチャード・コッチのロングセラー作品「人生を変える80対20の法則」の生活実践版です。


子飼弾氏が書かれた「空気を読むな、本を読め」に、二時間ほど働けばあとは遊ぶべきだという主張の根拠を80対20の法則に依拠していたことに興味をもって、この本を手に取りました。



478160238X空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)
小飼 弾
イースト・プレス 2009-10-22

by G-Tools




本書の趣旨は、タイトルにもあるように「原因の20%が結果の80%を占めている」という経験則が色々なところに見られることを鑑みて、それを生活の中から見つけ出し、実用面に活かそうというものです。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ジョーカーゲーム: 諜報の怪物がタバコをねだる瞬間

"Give me~"を使わないで「~をください」と言う方法があります。


これはJOKER GAMEの第一話で、佐久間がスパイ養成所である「D機関」で訓練生とポーカーをした後、訓練生らが遊んでいたポーカーの本質を明かす際に登場します。


回想で佐久間のカードをのぞき見ていた訓練生の一人が自分のタバコが切れたことに気づくと、


"Hey, somebody bum me a smoke."


と言いました。



c762267f.jpg
©柳広司・KADOKAWA/JOKER GAME ANIMATION PROJECT




"Bum me"とはどういう意味なのでしょうか。

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

則天武后:中国の歴史上、最初で最後の女帝

則天武后 (講談社学術文庫)




タイトル 「則天武后」
氣賀澤 保規 (著)
講談社学術文庫


これは中国史上初の女帝となった則天武后の壮絶な一生を追った一冊です。


則天武后は14歳の時に、中国の宮中へ奉仕へ上り、太宗に奉仕しましたが、彼女が20代の半ばであった時に、太宗が危篤状態に陥り、そこで出会った皇太子の高宗李治に見初められ、彼女は30代の半ばになるまでに、太宗との間に2人の男の子と、一人の女の子を生みました。


そのころ、高宗の后である王氏と、后の次の地位にいる簫氏の間で女の熾烈な争いが繰り広げられていた。王氏は高宗の妃であったにも関わらず、長男を生むころができず、それが男の子を生んだ瀟氏のつけ入るスキを与えてしまっていたのです。


そこで王氏は簫氏を蹴落とすために、高宗の目を則天武后に向けさせることにしたのです。


これが則天武后の躍進の始まりとなりました。言い方を変えると、王氏と簫氏の不幸の始まりとなりました。

続きを読む

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ヒトラーの右腕として世界に名を轟かせたプロパガンダの怪物

ゲッベルスとナチ宣伝戦―一般市民を扇動する恐るべき野望 (光人社NF文庫)



タイトル 「ゲッベルスとナチ宣伝戦」
広田厚司(著)
光人社NF文庫


第二次世界大戦においてドイツを率いた独裁者で知られるヒトラーを、一人の側近が支えていました。


それがヨゼフ・ゲッベルス、プロパガンダの怪物として世界に、そしてドイツ人に恐れられた人物です。

続きを読む

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ゆっくり話すネイティブ英語が理解できない理由

小学生でも知ってる単語でゆっくり話してるのに、ネイティブの英語がほとんど理解できない


という経験はありませんか?


私は外資系に勤めているため、上司や顧客はアメリカ人が多く、私はほぼ毎日のように経験しています。


上司も日本に赴任して大分時間が経っているので、ゆっくり簡単な英語で話そうと努力しているのは分かるのですが…でも、分からないものは分からない(笑)


皆さんもTOEICやセンター試験のリスニングテストでは割としっかり聞き取れるけど、外国人のなにげない一言がさっぱりということはありませんか?


今回は私の体験や同僚の意見をもとに「あぁ、これだから理解できないのかな」と自分なりに説得力を持った理由を紹介していきます。


色々な動機で英語を勉強する方がいらっしゃると思いますが、私の考察もぜひ考慮に入れてみて、これから英語を学ぶ際に役立てていただければと思います。


私は簡単な単語でゆっくり話しているはずのネイティブ英語が理解できない理由は、大きく分けて3つあると思います。なお、緊張するから、むずかしい英単語を知らないから、は外します。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

お代官様の悲喜こもごもをつづった実態本

代官の日常生活 江戸の中間管理職 (角川ソフィア文庫)




タイトル 「代官の日常生活」

西沢淳男 (著)
角川祖f日亜文庫



江戸時代の中間管理職と言われているお代官様に関する悲喜こもごもを、当時の代官の豊富な活動記録をもとに迫った一冊です。


お代官様と言えば、「水戸黄門」などで持ち合わせの権力で手下どもを従わせ、農民などに悪さを企てるイメージを持たれがちですが、実際の代官は新田開発や年貢の徴収などを請け負うに当たり、一部は不正をしていた代官もいたようですが、当然ながらほとんどの代官は誠実に職務を全うしていたようです。


それもそのはず、役人である代官は旗本に属していますが、旗本の半分が代官なのですから。つまり、およそ半分を占める代官が好き勝手にしていたら徳川幕府は260年も続かなかったということです。

続きを読む

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ワンピースには「無事に」という意味もある?

「無事に~をする」を英語で何というか知っていますか?


「無事に」を英語で言うにあたり、とっさに思いつくのはSafeとかPiecefulを副詞に変えて、文章の最後にくっつけて使うということですね。


ほかにもWithout any accidentやWithout mishapで「不測の事態を除いて」という意味で、転じて「無事に」というニュアンスで使う事ができますよね。


しかし"Safely"や"Without any accident"では、意味深な「無事に」を醸し出すには、いささか不十分だと思いませんか?


たとえば、「あそこに行ったら無事に帰ってこれない…」や「オレと戦って無傷で済むと思うなよ…」みたいな生きて帰れない雰囲気をにおわせたり、ちょっと怪しい感じの「無事に」は先述した語では出しきれないと私は思います。


そこでタイトルにもあった"One piece"が出てきます。


私のお気に入りアニメのひとつ、「モブサイコ100」の第一話にもソレは登場します。霊幻がモブと一緒に心霊スポットであるトンネルに向かい、噂だとタカをくくっていた霊幻にモブがどうも悪霊が絡んでいると説明し、もし何も知らずにこのトンネルを通ったらどうなるのかと訊いたら、モブは、


"They never make it out in one piece"


ボソッと一言つぶやきました。



4654af9c.jpg
Copyright: ONE・小学館/ 「モブサイコ100」製作委員会



続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

陸軍中野学校: 「Jokers Game」のモデルになったスパイ養成所

スパイ・アカデミー 陸軍中野学校



タイトル 「スパイ・アカデミー 陸軍中野学校」

斉藤充功 (著)
洋泉社


小説やアニメで話題になった「JOKERS GAME」のD機関のモデルとなった陸軍中野学校の全貌を、実際に機関に在していた諜報員のインタビューと共にひも解いた一冊です。


日本の諜報機関が、アメリカやロシアが養成したスパイと比べてその実力が劣るという認識がともすれば広まりやすいですが、ロシアに恐れられた杉原千畝しかり、中野学校を卒業したスパイは列強に勝るとも劣らない情報収集能力および謀略で日本に貢献しました。

続きを読む

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

僕のヒーローアカデミア: 「クソナード」と「ギークボーイ」のちがい

20161219_heroaca01.png




アニメ第6話のタイトルが「猛れクソナード」となっています。主人公の幼馴染である爆豪勝己が緑谷クンを「クソナード」と言っているシーンも何回かありますね。



Ch62Dp2UUAA4Gun.jpg
Copyright: 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会


続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

「左遷」のこれまでと、これからの「左遷」

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)




タイトル 「左遷論」

楠木 新 (著)
中公新書


この本は、日本の左遷というものがどうやって形成され、どういった形で私たちの周りに現れ、同時にこれからの左遷の形、そして左遷される側がどうやって向かい合っていくかをインタビューと共にまとめた一冊です。


テレビドラマでブームになった「半沢直樹」の物語の一端を担っている左遷というシステムが、実際にリアルで起こるのかという事に関心があったためこの本を購入したわけですが、どうも私が思っているものとは少し違うようです。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

村上春樹が「小説家とは何か」を解説した自伝兼指南書

職業としての小説家 (新潮文庫)


タイトル 「職業としての小説家」

村上春樹 (著)
新潮文庫


作家の村上春樹が自身の経験に基づいて「作家とはいかなるものか」という事を綴った一冊です。


これほど有名な作品をか書き上げる力量をもっている作家は、さぞブッ飛んだ人生を送ってきたんだろうなと思って彼が語る経歴を読んでみたら、意外や意外、卒業後すぐに自営を開始したものの、小説家になるまでは私たち一般人とほとんど変わらない経歴の持ち主でした。

続きを読む

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Charlotte(シャーロット): 英語脳と日本語脳で捉え方が変わる"Hey! Take this!"

Charlotte(シャーロット) (完全生産限定版) 全7巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]



言うまでもなく日本のアニメにおいて、登場人物は基本的に日本語で会話をします。


しかしストーリーの成り行き上、登場人物が英語と触れるシーンがたまにあります。舞台設定が外国のとき、海外旅行に出かけたとき、外国人のキャラクターが登場したときなどなど。


アニメによってはそのまま日本語でゴリ押しする事もありますが、Charlotte(シャーロット)は終盤で英語をひんぱんに活用しています。


しかし気になるのは登場人物の英語は文法や意味が間違っていないのに、英語吹き替えではわざわざ少し改変されているということです。


とくに海外のテロ組織が襲来したシーンと、最終話の主人公の乙坂有宇がフィリピンを訪れたシーン。この2か所で見受けられました。


順に紹介していきます。



1.テロリストと対峙するシーン





例えば、古木さんが乙坂 有宇をテロリストに引きあわせ、テロリストが古木さんに家族が監禁された部屋のカギを投げ渡すとき、


日本語版では、


"Hey! Take this!"


と叫んでいるのに対し、英語吹き替えでは、


"Here! Fetch!"


…と言ってカギを投げます。


ちなみに fetchは「~を取って来る」という意味で、犬にフリズビーとかを投げる時によく"Fetch!"という掛け声を使います。




90b151c0.jpg
(C)Visual Art's/Key/Charlotte Project




「重箱の隅をつつくように細かいところを指摘してからに、なんか恨みでもあるのか」と疑われても仕方がないほど細かい指摘ですハイ(笑)


でも考えてみれば「これくらいなら、オリジナルの英語をそのまんま使ってもいいんじゃないの?」とは思いませんか?



続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる