オーバーロードの「アレ英語で何て言うの?」

マイクふぁくとりい更新しました。


オーバーロードの「アレ英語で何ていうの?」



ぜひ遊びに来てください!
スポンサーサイト



僕のヒーローアカデミアで「モテる」を英語で学ぶ

サイトを更新しました。

マイクふぁくとりぃ

あなたは「モテる」を英語で言えますか?

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

お引越しのお知らせ

突然ですが、サイトのお引越しを実施します。

次回からは下記のサイトにて更新を続けます。



マイクふぁくとりぃ


よろしくお願いいたします。

10億ドルのスパイ、名はトルカチェフ

最高機密エージェント: CIAモスクワ諜報戦




タイトル 「最高機密エージェント、CIAモスクワ諜報戦」


(著)デイヴィッド・E・ホフマン
(出版)原書房


陸軍中野学校出身のスパイ然り、ドイツが生んだ怪物暗号機エニグマ然り、スパイ活動を含む情報戦が第二次世界大戦において勝敗に大きく影響を及ぼしたのは誰もが認めることだと思います。


しかし、世界大戦が終結したあともアメリカと旧ソヴィエトが一触即発の状況にあった時期があります。冷戦期です。


あからさまな戦闘こそなかったものの、水面下では少しでも敵国よりも優位に立とうと激烈な戦いが巻き起こっていました。その戦いこそがスパイを駆使した諜報戦であり、その中心人物がこの本の主人公であるCIAモスクワエージェント、アドルフ・トルカチェフです。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

何年たってもブレないホリエモンの信念、この本が証明する

多動力 (NewsPicks Book)



タイトル 「多動力」
(著) 堀江貴文
NewsPicks Book


今まで何冊出したか分からないほど本を出版しているホリエモンこと堀江貴文氏が書いた本です。


堀江氏は何年も前から本を出版していますが、本の内容は驚くほど似ています。堀江氏もそのことには言及していて、おそらく「同じことを書いてるだけなのに、あまつさえベストセラーになるんだからチョロいな」っていう気持ちでいるんじゃないのかなと思います(笑)


しかし恥ずかしい話、こうして似たような内容だと知っていて彼の本を買ってしまう私は、どこか彼のライフスタイルに憧れに近いものがあって、自分でもできる箇所が無いかなと探しているような気がするのです。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

「くまモン」の生みの親が明かすキラリと光るセンスの正体

センスは知識からはじまる




タイトル
 「センスは知識からはじまる」
(著) 水野 学
朝日新聞出版


今まで芸術家の本はいくつか読んだことがありますが、思えば現代のデザイナーが書いた本を読むのは今回が初めてです。


さいきん始めたフリーの動画編集ソフト「AviUtl」の技術を紹介している方のブログで紹介されていたので試しに読んでみました。


映像に限らず芸術方面に傾いている分野において作品の出来を大きく左右すると考えられる要素はやはり「センス」だと我々一般人は考えてしまいます。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

FGO柳生宗矩が使う宝具の元ネタ本

剣禅一如―沢庵和尚の教え



タイトル: 「剣禅一如」

著者: 結城令聞
出版: 大東出版社


fate/ Grand Orderに登場するセイバー「柳生但馬守宗矩」の剣道の思想について書かれた本です。


柳生但馬守の宝具の演出がメチャメチャかっこよくて、ガチャ60回まわしてでも柳生欲しいと勇んで見事に爆死した私ですが、彼のコンセプト自体はこうして本からもらう事が出来たので良しとします。(負け惜しみ)


タイトルから察して「きのこはコレをパクッたんじゃないか?」と思いましたが、「剣禅一如」や「剣術無双」はどうやら昔から言われていたようです。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ガールズ&パンツァーの「アレ英語でなんて言うの?」

430_1.jpg
© GIRLS und PANZER Projekt




3回目の「アレ英語で何て訳すの?」はガールズ&パンツァーを取り上げます。


映画やら最終章やらでいまだに根強い人気を誇るガルパンですが、なあなかどうして英語の勉強にもなります。

今回は 登場人物のセリフ を中心に紹介していきます。


続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

読書すると「読書で年収は上がるか?」の発想が消える

20150715_1_eye.jpg  

「読書・年収」と検索すると「読書量と年収は比例する」といった本やブログが出てきます。


常識的に考えて、確かに読書することによって知識が増えるのでしょう。わたし自身よく本を読みますが、わたしは読書量をこなすと年収が上がるというのはちょっと胡散臭いと思います。


今回は私なりの、読書量と年収は比例するのか? を書きます。

続きを読む

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

ハダカデバネズミ:哺乳類で稀有な真社会生物

〈生きもの〉 ハダカデバネズミ-女王・兵隊・ふとん係 (岩波科学ライブラリー)




タイトル 「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・布団係」

吉田重人・岡ノ谷一夫 (著)

岩波科学ライブラリー



私の周りで「ハダカデバネズミ」というワードがささやかれるようになったのは大体10年くらい前だったから2010年前後だったと思います。その頃にテレビの番組で紹介されたハダカデバネズミを観た時は、少なからず衝撃を受けた覚えがあります。


この本はそのハダカデバネズミの特徴、生態や行動様式について詳しく書かれています。


ハダカデバネズミは哺乳類としては珍しい真社会性を基に生活しています。アリやハチのように女王をヒエラルキーの頂点に据えて、その下に王様ネズミ、兵隊ネズミ、働きネズミと続きます。女王や王様以外は繁殖行動をとらず、なんなら敵が来たら自ら命を投げ出してでも群れを守ろうとします。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

コストコでアメリカンエクスプレスが使えなくなる

costco_global_card03.jpg  



今年のゴールデンウィークにすぐ退会する予定で入会したのに、なんだかんだで今もよく通ってる私でございますが(オイ)、


最近2018年1月31日でアメックスが使えなくなるという事実が判明しました。


それで2月1日にアメックスの代わりにグローバルマスターカードなるカードが使える事になるそうです。


アメックスユーザーの私としてはエ~ってな感じですが、もともと他の国のコストコでもマスターやVISAに乗り換えが進んでいたようです。


そこで従来コストコで使えたカードと比較しつつ、グローバルマスターカードの特徴を5つ挙げていきます。

続きを読む

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

トマ・ピケティ、貧富の差の本質を突く衝撃本

21世紀の資本



タイトル 「21世紀の資本」

(著)  トマ・ピケティ
(訳)  山形浩生、守岡桜、森本正史


マルクス資本主義理論によると、「世界の資本は貧富の差が徐々に縮まっていき、最終的には一つ(全員が同じ水準に)落ち着く」と主張しました。


しかしマルクスの死後から約150年が経過して21世となり、一人の経済学者が 「どうもマルクスの言っている事とは違う方向に世界が動いてるな」 と様々なデータから導き出しました。


それが本懐紹介する本、「21世紀の資本」です。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

己の想像力の限界を試したSF小説

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)


タイトル 「地球の長い午後」
ブライアン・オールディス (著)
ハヤカワ文庫


食わず嫌いに近いかんじで、今までSF小説を読まなかったが、「スターウォーズ」や「猿の惑星」、「ブレードランナー」といった大ヒット映画がじつは原作が小説だったという衝撃の事実をさいきん知り、なんとなく手に取った。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

日本のハードボイルド小説の金字塔

野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)



タイトル 「野獣死すべし」
大藪春彦


この本は1958年から連載が開始された大藪春彦の小説、「野獣死すべし」の作品集である。


ハルピンで生まれた主人公、伊達邦彦は父が経営していた会社が倒産。その際に戦争が勃発し、道端に転がる死体を横目に北京、奉天、新東、平壌と流れ、朝鮮軍、ロシア軍の管理下に置かれた。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

生物の機能美を幅広く紹介したベストセラー本

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)



タイトル 「ウニはすごい、バッタもすごい」

本川達雄(著)
中公新書


「ゾウの時間、ネズミの時間」でおなじみの本川達雄氏が出版した一冊です。


上記の本は哺乳類の代謝エンジンを中心に言及していましたが、今回は昆虫や魚、哺乳類の生態と言った分野を幅広く取り扱った生物学の入門書と位置づけすることができる本です。


この本は特定の生物に限定することなく言及していますが、わたしは哺乳類の項目よりも、むしろ昆虫と魚の分野で取り扱われた”クチクラ”と”キャッチ筋”という物質が印象深かったです。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ハンター×ハンター: SomethingとThatの奥深さ

英語には、文章で同じ単語を何度も使わないように、"That"や"Something"といった代名詞をつかう時があります。


日本語でも「あれ」や「これ」といった語がありますが、それとほとんど同じだと思います。


しかし、英語の代名詞は「あれ」や「これ」といった意味合い以上に、関係代名詞とも結びついている部分があり、日本語における代名詞よりも使う頻度や重要度が高いのではないかと個人的には思います。


そんな英語の代名詞ですが、じつはthatやsomethingといった語をつかって褒め言葉や同意の意味を伝えることができます。


たとえばHunter × Hunterの47話において、ウボォーギンが煙に紛れてクラピカの腕をへし折った際に、


"But I'm impressed. You are quick to react, I 'll give you that"


と言いました。





PDVD_147.jpg 
©POT(冨樫義博)1998年-2011年 ©VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス



続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「留学すれば英語が話せるようになる」を考え直させる一冊

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)



タイトル 「留学で人生を棒に振る日本人」

栄陽子(著)
扶桑社


「留学すれば英語力が上がる」


「自身を英語漬けにできる環境を作るには留学が一番」


私たちが持っている留学のイメージはこんな感じではないでしょうか?


もちろん留学することにより、机上で学ぶ英語では習得できないスピーキングや実践的な英語を学ぶことができることは言うまでもありません。

続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

「生物ピラミッド」という概念を揺るがしにかかる植物本

植物は<知性>をもっている 20の感覚で思考する生命システム




タイトル 「植物は知性を持っている」

ステファノ・マングーソ+アレッサンドラ・ヴィオラ (著)
久保耕司 (訳)
NHK出版


ここ数百年における目覚ましい植物研究によって新たな事実が次々と発見されています。


その衝撃的な発見によってこの本の著者はある結論に達しました。それがこの本のタイトルにもなっている「植物は知性を持っている」ということです。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

行き着くとこまで行き着いた男が言う「じゃあ辞めればいいじゃない」の重み

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)



タイトル 「好きなことだけで生きていく」

堀江貴文(著)
ポプラ新書


以前の「働かないことを提案する三冊」の記事」で紹介した「99%の会社はいらない」に続き、ホリエモンは新しい本をこの一ヶ月ほどで二冊出版し、その一冊がこの本です。


続きを読む

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

ラッパ飲みと富士の樹海から見る"Straight from ~"

51RRFRzwtyL.jpg



読書感想ばっかり書いて、肝心の英語フレーズはしばらく休憩していたくりーぴーホワイトです


今回はブログの主旨に沿って、しっかりと英語フレーズを紹介していきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

くりーぴーホワイト

Author:くりーぴーホワイト
外資系企業に就職したものの、上司の英語が全く理解できないため、英語吹き替えアニメで英語学習する方法を発案して実行中。読書メモも兼ねてなるべく頻繁に更新するよう努めている今日この頃。

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる